建築物に発生する振動の原因となるものは、建築物内で発生するもの、外部から伝わってくるもの含めて様々なものが存在します。
今回のウェビナーでは、その中でも「道路交通振動」について取り上げます。

前半は、道路交通振動の振動源としての位置づけと建築物へどのように伝わっていくのかについて基本的な部分をわかりやすくご説明します。

後半は、道路交通振動に対する環境振動設計のためにヤクモがお手伝いさせていただいた事例のご紹介です。建築計画段階で地盤の道路交通振動計測を行い、簡易モデルを用いた振動応答予測を実施した結果を実際のデータを交えてご説明します。

これを聞けば道路交通振動に対する環境振動設計のために「どんな計測をすればよいのか?簡易的な応答予測手法とはどのようなものか?」がわかります。


お申し込みはこちら

既にプレミアム会員に登録している方はマイページからご覧いただけます。



※ウェビナーオンデマンド配信はヤクモプレミアム会員限定となります。(無料)
ウェビナーのオンデマンド配信の他にも製品サービス資料や技術コラム、CADデータなど様々なお役立ちコンテンツをご覧いただけるようになります。詳細はこちら


ウェビナーの様子を少しだけご紹介!


このような方におすすめ!

  • 道路交通振動について理解を深めたい方
    (どんな特徴がある?どうやって建物に伝わる?)
  • 建物計画段階で道路交通振動の影響を知るには何をすればよいのか知りたい
  • 計画建物の構造仕様を検討するための簡易的な計測と予測手法が知りたい


ウェビナー概要

開催日時 【開催終了】2021年7月15日(木) 15:00~15:45
参加費 無料
定員 100名 
※配信システムの制約上、最大100名までとさせていただきます。先着順のため、申込数が超えた場合は締め切らせていただきます。
会場
オンライン配信(Zoomを利用します)
ご自身のPCやタブレット端末、スマートフォンから視聴いただけます。
お申し込み後、視聴URLをご送付いたします。
締切日時 【開催終了】2021年7月14日(水)
内容 道路交通振動の基本から環境振動設計のための振動計測、簡易応答予測手法を事例とともにご説明します。

15:00~ 道路交通振動に対する環境振動設計のための計測事例
①道路交通振動の位置付け
    ②道路交通振動における入力ー振動伝搬経路ー応答の関係
    ③応答予測のためのモデル化
    ④道路交通振動における振動計測
    ⑤振動計測の事例:道路交通振動の計測と振動予測
15:30~ 質疑応答
15:45  閉場
対象 構造設計に携わっている方、環境アセスメントに携わっている方など
講師

崔 井圭(チェ ジョンギュ)

 大学時代から建築物の振動工学を専門とし、前職では建築物のヘルスモニタリングや耐震設計、環境振動設計の研究と業務をしてきました。
 現在はヤクモ株式会社の技術開発課に在籍し、建築物の振動問題に対するコンサルティングを中心とした仕事と研究に携わっています。
 趣味は海外旅行。今まで旅した国の中では東ティモール(!)が大のお気に入り。

視聴までの
流れ
1.本ページ下部の「お申し込みはこちら」よりフォームにご入力ください。

2.お申し込み頂いた方へ登録完了メールをお送りいたします。
  メール記載のログイン情報設定URLよりパスワードを設定ください。

3.設定して頂いたIDとパスワードでマイページにログイン後、
  「過去のウェビナー一覧へ」から動画をご視聴いただけます。
注意事項 同業社様のご参加はお断りさせていただいております。予めご了承ください。
お申し込みはこちら

既にプレミアム会員に登録している方はマイページからご覧いただけます。



※ウェビナーオンデマンド配信はヤクモプレミアム会員限定となります。(無料)
ウェビナーのオンデマンド配信の他にも製品サービス資料や技術コラム、CADデータなど様々なお役立ちコンテンツをご覧いただけるようになります。詳細はこちら


お問合わせ

ヤクモ株式会社マーケティング課
TEL:03-5496-7555FAX:03-5496-7888
yacmo-ma@yacmo.co.jp
東京都品川区大崎5-4-18